ブログ

子ども達のことを思って作った創業者の思い

もうご存知かと思いますが、デジョユプールはフランスで生まれました。
創業者であるデジョユが最初にプールを作ったのは、自身が家族とともに住んでいる家の庭でした。
子ども達に対して、
家族のなかで笑いや喜び、
そして友だちが来て、また増える喜びのために作ったそうです。
その愛する家族や友人から得た喜びを、
たくさんの人と共有したいと考えプールライフの普及に努めました。

そんな家族への思いからはじまったことにより、
デジョユプールが提供するプールには優しさや愛を感じ取ることができます。
それはデジョユプールの一番の特徴であるろ過機に見て取れます。
通常のプールはプールから機械室まで距離があるため、吸水口から水を吸い込み機械室に届けるのにかなりの吸水力を必要とします。
しかし、デジョユプールのろ過機は、プールサイド設置により強力な吸水力を必要としないため、吸水口に吸い込まれるような危険性がありません。

とくに、子ども達は、自然の火や水などに無邪気に興味を示し、楽しみます。
そんな子ども達が安心して遊べることを創業者であるデジョユは願っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

デジョユニュース(ブログ)
プール施工事例
フランスデジョユ
ページ上部へ戻る