ブログ

夏本番!いまいちどプールのメンテナンスご確認ください!

夏場のメンテナンス:
① 水質チェック(pH値、塩素濃度)
② こまめなフィルター清掃と水位のチェック(必要に応じて加水)
③ ろ過機稼働時間のチェック(日中を中心に)
④ 大雨、台風前にはブレーカーをオフに!(再稼働前にポンプ室内をチェックすること)

長かった梅雨もおおむね明けて、あっという間に猛暑の続く毎日ですが皆さまお変わりありませんか。

急に暑くなってプールの水質も急激に変化していると思われます。今すぐに飛び込みたい気持ちを少し抑えて、まずは水質チェックをお願いします。pHの理想値は7.2~7.4、塩素濃度は1.0~1.5です。※pH値の測定は必ず行ってください。pHの乱れは人体にも影響をあたえ、また塩素の効きにも関ってきます。

ろ過機の運転時間も藻の生えやすい昼間を重点的に、不足のないよう設定してください。水が緑色になってきた、壁がぬるぬるする、こんな時はろ過時間が足りないか塩素が足りないかのどちらかです。そしてフィルター清掃もこまめにお願いいたします。

また水が蒸発して水位がスキマーよりも下がってしまうとポンプにエアーが入り空回りして壊れてしまいますので必要に応じて加水してください。

詳細はお手元の「デジョユ・プール ユーザーマニュアル」をお読みいただき、適切なプール環境を整えていただければと思います。

ダウンロードはこちら

ユーザーマニュアルはHPからダウンロードもできますので皆さまご活用ください。

水があれば、景色がかわる・・・プールがあれば暮らしがかわる。
デジョユジャパンでは皆様の思い描くプールライフを実現し安心してご使用いただけるよう、ご提案させていただきます。
家庭用プール、施設用プールの施工を検討されている方、お施主様をはじめ、設計される方もお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

デジョユニュース(ブログ)
プール施工事例
フランスデジョユ
デジョユカフェ
ページ上部へ戻る