ブログ

ろ過機PF.IとGR.Iの違いって?

デジョユ製のろ過機には大きく分けてPF.IとGR.Iの2種類があります。

PF.I (Panneau Filtrant Injecté):躯体(DESCOパネル)と一体化している埋め込み型
GR.I (Groupe Injecté):プール壁にひっかけるサドル型

いずれもプール脇に設置するパイプレス設計で機械室を別に作る必要がない点は同じで、特許も取得しているデジョユ最大の魅力となっておりますのでお客様のお好みでお選びいただけます。

躯体にはDESCOパネル、防水にはPVCシートを使用するのがデジョユのスタンダードであり強みを最大限に活かす組み合わせになりますが、地域や主屋との関係からコンクリートを使用する場合や、古いプールをリノベーションする場合など様々なパターンがあると思います。そこで今回は、お選びいただく際のご参考にしていただけるよう、ろ過機2種類の違いを図にまとめてみました。

適用躯体 壁面材質 吹き出し口 止水
パネル RC FRP PVC タイル
PF.I × × × 1か所 フタ
GR.I 2か所 ボディ本体の立ち上がり
水中照明 外見 プールサイズ・形 本体交換 リノベーション 製品保証
PF.I 標準 すっきり
デッキなどでカバーも可
不問 × 10年
GR.I 標準 ろ過機フィルター部分がプール内 不問 2年

仕上がりイメージはこのようになります。

PF.I

GR.I

ご不明な点やさらに詳しくお知りになりたい方は弊社までお問い合わせください。→こちら

 

水があれば、景色がかわる・・・プールがあれば暮らしがかわる。
デジョユジャパンでは皆様の思い描くプールライフを実現し安心してご使用いただけるよう、ご提案させていただきます。家庭用プール、施設用プールの施工を検討されている方、お施主様をはじめ、設計される方もお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

デジョユニュース(ブログ)
プール施工事例
フランスデジョユ
デジョユカフェ
ページ上部へ戻る