ブログ

デジョユの強くて施工期間が短いプール躯体構造

デジョユのプールは特許を取得した躯体構造と耐久性に優れたPVCライナーで作ります。
通常のプールは、FRP等でできた軽量型と、コンクリートでできた重量型からできています。
軽量型は、廉価で施工期間が短くすむ一方、カタチが自由にきかないというデメリットがあります。
また、重量型は強くカタチを自由にできるものの、2〜3ヶ月と施工期間が長いとともに重いことから場所を選びます。

材料 メリット デメリット
軽量型 FRP等 廉価
施工期間が短い
形が自由に選べない
重量型 コンクリート 強い
伝統的な製法
形、深さ、サイズが自由
杭打ちが必要で施工期間が長い
(2〜3ヶ月)
重すぎるので場所を選ぶ

重量型の強くて自由がきくコンクリートのメリットを活かし、
軽量型の廉価で施工期間が短かく済むメリットである軽量化した

両者の強みを取り入れた第3の新しい手法としてできたのが
デジョユのケーシングシステムです。

プール防水も他と異なり躯体を防水するのではなく、躯体の内側に防水のPVCライナーを入れ、水圧によりプールに貼り付けます。

デジョユのケーシングシステムの骨格となる躯体構造は、「ポリプロピレン製型枠」を使用することから軽く施工期間が短く済みます。また、その型枠に、鉄筋を入れ、コンクリートを流し込むことで強度と耐腐食性をかねそなえた躯体構造を実現しています。
特許を取得した「ポリプロピレン製型枠」はビューローベリタス認証も取得、霜や地震などにも強く、立地条件やお好みのデザインに合わせて形状を変更できます。

プールがあれば暮らしが変わる。家庭用プールから施設用プールも。
デジョユジャパンでは皆様の思い描くプールライフを実現できるよう、ご提案をさせていただきます。
お施主様をはじめ、設計される方お気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

デジョユニュース(ブログ)
プール施工事例
フランスデジョユ
ページ上部へ戻る